きんのいれば

ポケモンGB世代の老兵によるメモ入れ場。


さらば!ポケットモンスター金・銀!

『ポケットモンスター 金・銀』が明日10年の時を経て、DSで甦ります。
その一方で、原作のGB版が触られる機会もなくなっていくのでしょうね。


最近、昨年まで生存していた私のメインカートリッジの金版のデータが、
内蔵されている電池が切れたようで、データが消滅してしまいました。
発売日から900時間以上遊び続けたメインカートリッジには、
戦闘用にちゃんと育てた64体くらいのポケモンが入っていました。
ポケスタにもポケモンを預けていなかったので、すべて水の泡に…。
確か、その中には個体値FFFFのポケモンも4匹くらいいましたね。
まぁ、リメイク発売手前で切れたから、ちょうどいいのかな(笑)


リメイクの発売でGB版の金銀がほとんど遊ばれなくなろうとしている今、
PBSがあるかぎり、まだまだ金銀の対戦は楽しむことができますけど、
うちのサイトもこれ以上更新する必要はなくなるのかなと思いました…。


ひとつの節目として、管理人のパーティを最後にアップしたかったのですが、
なんだかんだでイマイチまとまらず、ジム戦時代のパーティをリメイクした
『ジムリーダーシリーズ』もグレン以外は結局未完成に終わりました(;
…あとは誰かお願いします!(笑)


今日まで「ポケットモンスター金・銀」をずっと楽しく遊んでこれたのは、
それは、あみにしさんのPokemon Battle Simulatorによるおかげもあるけど、
一番根底にあるのは他人とポケモンの話ができるのが楽しいからなんだよね。
『金・銀』が発売して間もない頃は、僕は中学生だったわけなんだけども、
周りの友達は『遊戯王』に夢中でポケモンなんてやってる人は少なかった。
(小学生の頃は「ポケットモンスター赤・緑」で友達とハマってたけども)
だから、インターネットを介して、多くの人とポケモンの話ができるのが
嬉しかったし、楽しかったからこそ、今日までポケモンに関わってきた。



今の時代のように「ニンテンドー Wi-Fiコネクション」を通して、
無料で簡単で安心なネットワーク対戦が気軽に行えるのとは違って、
当時はインターネットで知り合った人と気軽に対戦なんてできなかった。
オフ会に参加できる都市部の人やモバイルアダプタの使える人に限られてたし。
だから、当時、インターネットを通してポケモンの交流をしていた人達にとって、
Pokemon Battle Simulatorの解放は物凄く衝撃を与える出来事だった。


最近になって、インターネットやPBSというものがあたりまえの存在になって、
ネットやPBSと言うか、相手プレイヤーが存在するありがたみって言うのか…
なんか、そういうことを忘れてる人がここの所多いような気がしてならない。
対戦ゲームって相手プレイヤーあってこそ楽しめるモンだと思うんだよなぁ。
だから、平気で同じゲームを遊んでいる仲間を傷つけるようなことを
平気でしてしまう人を見てしまうと、やっぱり、すごく悲しい。


インターネットを通じてポケモンにかかわってきて約10年間、
金銀にハマり過ぎて少し人生無駄にしたかもなぁとか思うこともあるけど、
掲示板での交流、オフ会やジム戦、大会など楽しいことも色々ありました。
たくさんの想い出を頂いたすべてのポケモントレーナーとの出会いに感謝!
ありがとうございました。