きんのいれば

ポケモンGB世代の老兵によるメモ入れ場。


レベル配分と自爆技

「ニンテンドウカップ2000」ではポケモンのレベルを配分できる。
同じポケモン同士の対戦であっても、レベルの差がついてしまえば、
攻撃力、防御力、素早さで差が付いてレベルの低い方は負けてしまう。


前回紹介したカビゴン枠、ガラガラ枠、サンダー枠で最上位の3匹同士でも、
相手のカビゴンより自分のカビゴンのレベルが低ければ、
相手のカビゴンは、自分側のカビゴンとサンダーの2匹に強くなれる。


その代わり
自分のガラガラより相手のガラガラのレベルが低ければ、
自分のガラガラは、相手側のガラガラとカビゴンの2匹に強くなれる。


…といった感じ。


しかし、ポケモンのレベル差を無視して、
直接対決を相打ちにしてしまうというのが自爆技の強いところ。


相手の55カビゴンにこちらの50カビゴンが弱かったとしても自爆で相打ちにできる。
自爆で相打ちにして、お互いのプレイヤーはサンダーとカイリキーが残ったときに、
自分側が55サンダーと50カイリキー、相手側が50サンダーと50カイリキーなら、
どちらが勝つのかはお分かりいただけるだろう。


だから自爆技は低レベルのポケモンで使われる。