きんのいれば

ポケモンGB世代の老兵によるメモ入れ場。


ニンテンドウカップ97 - 選抜20体 -

鋭意製作中の対戦攻略同人誌「ポケモンバトル:ノスタルジア」の単体考察ですが、頁の尺の都合で掲載できるポケモンは限られる。そこで何故このポケモンを掲載することに決めたか、自分自身に納得させるための記事かつ寄稿打診交渉中、交渉済の方の管理用。(※交渉承諾済の方は太字)

f:id:Gold:20160809145551g:plainf:id:Gold:20160809151602p:plainf:id:Gold:20160809145856g:plainf:id:Gold:20160809002552p:plainf:id:Gold:20160809005701p:plain

f:id:Gold:20160809120741g:plainf:id:Gold:20160808233404p:plainf:id:Gold:20160809003530p:plainf:id:Gold:20160809004143g:plainf:id:Gold:20160809153611g:plain

f:id:Gold:20160808230710p:plainf:id:Gold:20160808225106g:plainf:id:Gold:20160808231850p:plainf:id:Gold:20160809004920g:plainf:id:Gold:20160808235141p:plain

f:id:Gold:20160809120845p:plainf:id:Gold:20160809003123g:plainf:id:Gold:20160809155039g:plainf:id:Gold:20160809120935p:plainf:id:Gold:20160809155349p:plain

確定担当者(敬称略)

  • エドワード
  • おかしょー
  • カイソ
  • かける
  • ゴールド
  • しもべ
  • トレーナー
  • ビーン
  • まっち
  • ミーサ
  • yasu
  • ルイピカ

No.003 フシギバナ(草/毒)[しもべ]

f:id:Gold:20160809145551g:plain

【50】葉っぱカッター/宿木の種/眠り粉/毒毒

実は「ポケモンバトルヒストリア」に単体考察が掲載されていない。ウツボットの方が当初性能は良いのではないかと思われていたが、しもべさんの活躍により評価が一転した。この対戦環境において凄まじい強さを持つ吹雪やサイコキネシスに対して弱いのは頂けないが、同じ草ポケモンのナッシーとは違ってラプラスやパルシェンに先制できる点でポイントが高い。また、同じ属性で残何ながら当時の厳選環境の過酷さ故に使われてこなかったウツボットとは違って55ラプラスに対して50で採用できるという点も外さないでおきたいところ。

No.034 ニドキング(毒/地面)[トレーナー]

f:id:Gold:20160809151602p:plain ニドキング

【50?】地震/吹雪/角ドリル/影分身

サイドンとは違ってナッシーに対して先制で吹雪を打てるポケモン。ニドクインと合計種族値は同じだが、急所率の高さでこちらに軍配があがることについては触れておきたいところである。

No.051 ダグトリオ(地面)[トレーナー]

f:id:Gold:20160809145856g:plain ダグトリオ

55地割れ/地震/影分身/身代わり

初代においては飛行が足枷となる属性であることと一撃必殺が素早さに関わる仕様を踏まえた上で、地割れの代名詞的なポケモンとして紹介したい。55ケンタロス抜きの52で当初は使われたが、3回目まで蓋を開けてみれば、台頭してきた50サイドンを「じしん」急所で持っていける高レベルのダグトリオが注目されるまでに至った。

No.065 フーディン(エスパー)[エドワード]

f:id:Gold:20160809002552p:plainフーディン

【55】サイコキネシス/電磁波/影分身/自己再生

持ち前の弱点の少なさと影分身と自己再生と身代わりが《ヒストリアカップ》で一時強力であったが、相手に複数エスパーポケモンを重ねられると弾切れを起こしやすいことにも触れておきたい。

No.091 パルシェン(水/氷)[おかしょー]

f:id:Gold:20160809005701p:plainパルシェン

【51】吹雪/殻で挟む/毒毒/破壊光線

55ラプラス抜きを意識すると51以上での採用を心がけたい。ラプラスとの違い、殻で挟むによる立ち回りについて解説したい。

No.094 ゲンガー(ゴースト/毒)[カイソ]

f:id:Gold:20160809120741g:plainゲンガー

【50】10万ボルト/サイコキネシス/催眠術/大爆発

ケンタロスの地震持ちより吹雪が定番になることに加えて吹雪を被弾しやすく、後続のルージュラやラプラスに展開しやすいポケモンとして紹介したい。また、マルマインとの違いを明確にし、催眠術→大爆発についても触れておきたい。

No.101 マルマイン(電気)[鷹]

f:id:Gold:20160808233404p:plainマルマイン

【50】10万ボルト/電磁波/影分身/大爆発

レベルを割かずに55フーディンや55スターミーに先制できることに触れておきたい。サンダースと比較。サイドンの吹雪やナッシーの眠り粉の起点にならない。

No. 103 ナッシー(草/エスパー)[yasu]

f:id:Gold:20160809003530p:plainナッシー

【50】サイコキネシス/痺れ粉/眠り粉/眠る

第二世代のナッシーとの比較。

No.112 サイドン(地面/岩)[鷹]

f:id:Gold:20160809004143g:plainサイドン

【50】地震/岩雪崩/吹雪/影分身

吹雪の使える地面であり、ルージュラの受け出しを許さないポケモン(50ルージュラ確1)として紹介したい。

No. 113 ラッキー(ノーマル)[ゴールド]

f:id:Gold:20160809153611g:plainラッキー

55】吹雪/10万ボルト/小さくなる/卵産み

64マリオスタジアム最強の人間バリケードチームが伝説を作ったポケモンなので触れておく。人気のあるポケモンだとサイドン以外に先制できず、吹雪を打ったターンに敵の氷ポケモンに交代されて一方的に凍りの恐怖を与えられてしまう。そのため、わざと相手のサンダースの電磁波やナッシーの痺れ粉をくらって凍りを防ぐという立ち回りについても触れておきたい。

No.121 スターミー(水/エスパー)[ビーン]

f:id:Gold:20160808230710p:plainスターミー

55】吹雪/10万ボルト/小さくなる/自己再生

最速の吹雪の使い手。技構成は吹雪10万ボルトと小さくなる身代わりの2種類になる。

No.124 ルージュラ(氷/エスパー)[おかしょー]

f:id:Gold:20160808225106g:plainルージュラ

【50】吹雪/サイコキネシス/悪魔のキッス/影分身

言わずもがな対戦環境の中心。何故環境の中心なのか。

No.128 ケンタロス(ノーマル)[ゴールド]

f:id:Gold:20160808231850p:plainケンタロス

【55】のしかかり/吹雪/影分身/破壊光線

97の世間一般の象徴。当時はあまりいなかったとされるのしかかり吹雪影分身破壊光線に触れる。

No.131 ラプラス(水/氷)[ルイピカ]

f:id:Gold:20160809004920g:plainラプラス

55】吹雪/10万ボルト/影分身/眠る

当時はあまりいなかったとされる《ヒストリアカップ》で注目された55ラプラスについて触れてもらいたい。

No.135 サンダース(電気)[ビーン]

f:id:Gold:20160808235141p:plainサンダース

55】10万ボルト/電磁波/影分身/眠る

電気で有利対面を作ってルージュラやナッシーを合わせてアドバンテージを取りに行く立ち回りについて。

No.143 カビゴン(ノーマル)[ルイピカ]

f:id:Gold:20160809120845p:plainカビゴン

【55】のしかかり/吹雪/影分身破壊光線

ケンタロスとの差別化、火力の違いなど。

(担当者:ルイピカさん)

No.144 フリーザー(氷/飛行)[かける]

f:id:Gold:20160809003123g:plainフリーザー

【55】吹雪/影分身/我慢/眠る

 

No.145 サンダー(電気/飛行)[まっち]

f:id:Gold:20160809155039g:plainサンダー

【55】10万ボルト/ドリル嘴/電磁波/影分身?

サンダーに地割れは効果抜群…ではなく、地割れを交わせる電気について。

(担当者:まっちさん)

No.146 ファイヤー(炎/飛行)[しもべ]

f:id:Gold:20160809120935p:plainファイヤー

55】大文字/炎の渦/毒毒/高速移動

高速移動→炎の渦の強さについて。

No.149 カイリュー(ドラゴン/飛行)[ミーサ]

f:id:Gold:20160809155349p:plainカイリュー

【55】撒き付く/吹雪/高速移動/破壊光線

高速移動(or電磁波)→撒きつくの強さについて。