きんのいれば

ポケモンGB世代の老兵によるメモ入れ場。


ニンテンドウカップ 2000 〜選抜40体〜

ポケモンバトル:ノスタルジア』の単体考察掲載予定選抜40体一覧。想定ルールは『ニンテンドウカップ2000(クリスタルバージョン追加要素有)』*1

メイン

 f:id:Gold:20180123001353g:plainf:id:Gold:20180123233223g:plainf:id:Gold:20180123231752g:plainf:id:Gold:20180107171055g:plainf:id:Gold:20180107155206g:plain

f:id:Gold:20180123001409g:plainf:id:Gold:20180113093609g:plainf:id:Gold:20180414005456g:plainf:id:Gold:20180107134604g:plainf:id:Gold:20171215213646g:plain

f:id:Gold:20180106232827g:plainf:id:Gold:20180106232900g:plainf:id:Gold:20180106232621g:plainf:id:Gold:20180123212139g:plainf:id:Gold:20180123225427g:plain

f:id:Gold:20180123232840g:plainf:id:Gold:20180122233720g:plainf:id:Gold:20180123225507g:plainf:id:Gold:20180123233451g:plainf:id:Gold:20180123234938g:plain

f:id:Gold:20180106232913g:plainf:id:Gold:20180111234212g:plainf:id:Gold:20180113091427g:plainf:id:Gold:20180123005215g:plainf:id:Gold:20180123225444g:plain

f:id:Gold:20180107012308g:plainf:id:Gold:20180107013724g:plainf:id:Gold:20180112005932g:plainf:id:Gold:20180123233522g:plainf:id:Gold:20180123220840g:plain

f:id:Gold:20180123224806g:plainf:id:Gold:20180123225314g:plainf:id:Gold:20180123223737g:plainf:id:Gold:20180106232719g:plainf:id:Gold:20180107014920g:plain

f:id:Gold:20180123224911g:plainf:id:Gold:20180109010142g:plainf:id:Gold:20180122233537g:plainf:id:Gold:20180107161829g:plainf:id:Gold:20180107155224g:plain

サブ

f:id:Gold:20180617033708g:plainf:id:Gold:20180123001433g:plainf:id:Gold:20180107013654g:plainf:id:Gold:20180123232917g:plainf:id:Gold:20180414170353g:plain

f:id:Gold:20180123002541g:plainf:id:Gold:20180607013522g:plainf:id:Gold:20180415011027g:plainf:id:Gold:20180107041235g:plainf:id:Gold:20180107134629g:plain

f:id:Gold:20180123234510g:plainf:id:Gold:20180113001012g:plainf:id:Gold:20180326222538g:plainf:id:Gold:20180601223413g:plainf:id:Gold:20180607013252g:plain

担当者

  • ゴールド

本書の単体考察のこだわり

  • 1匹あたり2頁。40匹の2頁で全80頁。
  • 40匹は第二世代の対戦において尖った性能を持ったポケモンを優先的に採用していますが、技構成の幅の少ないポケモンのスペースには無茶な技構成で埋めたりせず、比較したい似ているポケモンの補足解説【コラム:あのポケモンはいつ(第三世代以降)から強くなった?】で補強しています。
  • 技構成については50カビゴン軸55カビゴン軸の構築のどちらに刺すポケモン、あるいは技構成なのか整理しています。

No.003 フシギバナ(草/毒)

f:id:Gold:20180123001353g:plainフシギバナ

  1. 【50】葉っぱカッター/宿木の種/眠り粉/光合成@麻痺治しの実
  2. 【50】ギガドレイン/めざ虫/宿木の種/眠り粉@奇跡の実
  3. 【55】めざ草/宿木の種/眠り粉/光合成@麻痺治しの実

ナッシーと違ってラプラス(S60)、バンギラス(S61)、ブラッキー(S65)、パルシェン(S70)、ドーブル(S75)に先制できる宿木の種&眠り粉使い。ナッシーのように4倍弱点の目覚めるパワーによる奇襲の心配がない格闘対策としても活躍できる。ただし、一撃必殺技の使い手で最も恐れられてるケンタロスには凄まじく弱く身代わりを葉っぱカッターが急所に当たらない限り1回で壊せず、また、レベル50採用だとレベル55のケンタロスの捨て身タックルで2発(※破壊の遺伝子なら1発)でダウンしてしまう。55ケンタロス入りには選出しないぐらいの覚悟が必要。

No.006 リザードン(炎/飛行)

f:id:Gold:20180123233223g:plainリザードン

  1. 【55】大文字/めざ格/岩雪崩/腹太鼓@黒帯
  2. 【55】大文字/日本晴れ/寝言/眠る@木炭
  3. 【55】火炎放射/地割れ/メロメロ/身代わり@食べ残し

執筆当初は掲載予定ではなかったものの、GB(VC)での腹太鼓の独自仕様もあるため、腹太鼓のポケモンを一から全て見直したところ面白いポケモンであったため、掲載することになりました。

金銀のリザードンと言えば、全抜き狙いで腹太鼓&地震&破壊光線などが定番と謳われがちですが、エースのポケモンで全抜きしなければいけないという考え方は過去のモノと訴えかけるものになったと思います。

No.038 ピクシー(ノーマル

f:id:Gold:20180123231752g:plainピクシー

  1. 【55】恩返し/アンコール/腹太鼓/月の光@ピンクのリボン
  2. 【55】転がる/小さくなる/身代わり/月の光@食べ残し

まだノーマルタイプだった頃のピクシー。製作当初は掲載予定から外れていましたが、リザードン同様に腹太鼓の洗い直しの際に復活。「ポケモンスダジアム金銀」と連動しないため、電磁波&アンコール、カウンター&アンコールの定番技構成は載らないものの、オリジナル版ではそれらの技構成も使われるというフォローを入れています。

No.065 フーディン(エスパー)

f:id:Gold:20180107171055g:plainフーディン

  1. 【50】サイコキネシス/電磁波/メロメロ/身代わり@食べ残し
  2. 【52】サイコキネシス/爆裂パンチ/威張る/身代わり@食べ残し
  3. 【55】サイコキネシス/冷凍パンチ/アンコール/自己再生@奇跡の実

合計種族値がフーディンより高いエーフィ(サイコキネシス/電磁砲or噛み付くorめざ悪orメロメロ/甘える/朝の日差し)の方がマシかな?と思うことも最近ないでもないですが、GB世代の純エスパーと言えばやはりフーディン。

No.068 カイリキー(格闘)

f:id:Gold:20180123003909g:plainカイリキー

  1. 【50】クロスチョップ/地震/岩雪崩/めざ虫@黄金の実
  2. 【52】クロスチョップ/めざ霊/寝言/眠る@呪いの御札
  3. 【55】クロスチョップ/岩雪崩/めざ虫/ヨガのポーズ@奇跡の実

新タイプの悪と鋼、そして対戦環境の中心であるカビゴンを筆頭とするノーマルポケモンに強いことから公式大会当時から人気のあった格闘ポケモン。ノーマル、氷、鋼など「ヒストリアカップ」でも使用者が増えてきているような感覚があります。同じ格闘ポケモンでクロスチョップの覚えられるオコリザルと比較をしています。

f:id:Gold:20180617033708g:plain

(比較考察:オコリザル)

No.071 ウツボット(草/毒)

f:id:Gold:20180123001409g:plainウツボット

  1. 【50】ヘドロ爆弾/ギガドレイン/アンコール/痺れ粉@黄金の実
  2. 【55】ヘドロ爆弾/ギガドレイン/眠り粉/剣の舞@食べ残し

こちらも当初は掲載予定から外れていたポケモン。パルシェンと同速なので評価を落としていたポケモンですが、それを抜ける高レベルに注目しています。エアームド不採用のパーティも多く、眠り粉で自ら剣の舞の起点を作れるレベル55のウツボットはそれなりの活躍が期待できそうです。地味にレベル50のフシギバナに先手が取れるところも大きいですね。

f:id:Gold:20180123001433g:plainf:id:Gold:20180107013654g:plain

(比較考察:ドククラゲ/ワタッコ)

No.076 ゴローニャ(岩/地面)

f:id:Gold:20180113093609g:plainゴローニャ

  1. 【50】岩雪崩/大文字/吠える/大爆発@黄金の実
  2. 【50】地震/岩雪崩/鈍い/大爆発/@柔らかい砂
  3. 【55】地割れ/岩雪崩/大文字/大爆発@食べ残し

吹雪の強かった初代ではサイドンに負けてしまったが、大爆発の強い金銀ではサイドンより動かし易いとされるポケモン。レベル55のゴローニャになると大爆発がレベル50のカビゴンの自爆の火力になったり、サンダーに対面で勝てるようになり、地割れで決定力もあるということでサイドンはサブの比較考察での紹介になりました。

f:id:Gold:20180123232917g:plain

(比較考察:サイドン)

No.080 ヤドラン(水/エスパー)

f:id:Gold:20180414005456g:plainヤドラン

  1. 【55】波乗り/電磁波/メロメロ/身代わり@食べ残し
  2. 【55】冷凍ビーム/地割れ/寝言/眠る@光の粉

このポケモンを本にして残そうとする『金銀勢』を自称する人は先にも後にも私以外の他にいないでしょう。「ポケモンバトルヒストリア」にすら載ってないポケモンを英断中の英断で載せました。ガラガラに抜かれること以上にカビゴンと同速であるため、その使用を避けてきたポケモンではありますが、これだけレベル50のカビゴンが増えた今ならレベル55で使えば先手が取れますね。身代わりを先手で使えば、50カビゴンののしかかりを耐えてメロメロで切り替えせます。55カビゴンの身代わりに近いイメージですが、こいつは電磁波を使えるので身代わりを繰り出したターンに受け出してきたナッシーも2連電磁波から先手を取って嵌ることができます。50ナッシーの目覚めるパワー虫を身代わりが耐えるところも地味に偉い。

No.091 パルシェン(水/氷)

f:id:Gold:20180107134604g:plainパルシェン

  1. 【50】冷凍ビーム/撒きびし/大爆発/眠る@奇跡の実
  2. 【50】冷凍ビーム/撒きびし/リフレクター/大爆発@黄金の実

殻を挟むで活躍する第一世代とも殻を破るの第五世代以降ともまた違った活躍を見せます。最近はナッシーとの対面に強くなる薄荷の実や奇跡の実を持たせたものが多いようです。

No.094 ゲンガー(ゴースト/毒)

f:id:Gold:20171215213646g:plainゲンガー

  1. 【50】炎のパンチ/黒い眼差し/滅びの歌/道連れ@木炭
  2. 【55】シャドーボール/爆裂パンチ/10万ボルト/冷凍パンチ@奇跡の実
  3. 【55】地球投げ/恨み/怪しい光/身代わり@食べ残し

技構成の幅が広くとも低レベル採用で信頼ができない点でムウマには今一歩劣る性能だという評価は個人的にあまり変わりありませんが、厄介なポケモンではありますね。

No.101 マルマイン(電気)

f:id:Gold:20180106232827g:plainマルマイン

  1. 【50】10万ボルト/電磁波/光の壁/大爆発@奇跡の実
  2. 【50】電磁砲/リフレクター/光の壁/大爆発@奇跡の実
  3. 【50】雷/めざ水/雨乞い/大爆発@奇跡の実

光の壁→大爆発を組み合わせられる唯一無二のポケモン。マルマイン自体の対策は簡単なので、マルマインで取られる戦法への対策についても記述しています。

f:id:Gold:20180414170353g:plain

(比較考察:レアコイル)

No.103 ナッシー(草/エスパー)

f:id:Gold:20180106232900g:plainナッシー

  1. 【50】サイコキネシス/宿木の種/痺れ粉/光合成@の実
  2. 【50】サイコキネシス/めざ虫/宿木の種/眠り粉@奇跡の実
  3. 【55】サイコキネシス/ギガドレイン/めざ虫/眠り粉@奇跡の実

目覚めるパワー虫を覚えさせてでも倒したいと評判のポケモン。自爆技を覚えるポケモンの中で唯一相手を眠らせられる技を覚えるという点も見逃せない。

No.105 ガラガラ(地面)

f:id:Gold:20180106232621g:plainガラガラ

  1. 【50】地震/岩雪崩/大文字/腹太鼓@太い骨
  2. 【52】地震/岩雪崩/大文字/凍える風@太い骨
  3. 【55】地震/岩雪崩/めざ虫/剣の舞@太い骨

シングルバトルでも前線で活躍していた時代のガラガラ。ガブリアスのように誰が使っても強いポケモンではないので、受け出し性能の優れないガラガラをどのように運用するのかについて丁寧に解説しています。

No.121 スターミー(水/エスパー)

f:id:Gold:20180123212139g:plainスターミー

  1. 【50】波乗り/電磁波/リフレクター/自己再生@奇跡の実
  2. 【50】ハイドロポンプ/サイコキネシス /電磁波/自己再生@奇跡の実
  3. 【55】波乗り/電磁波/怪しい光/身代わり@食べ残し

電磁波を無効化する地面ポケモンに強い優秀な麻痺撒き役。おまえの仕事は電磁波だということを随所で強調しています。

No.124 ルージュラ(氷/エスパー)

f:id:Gold:20180123225427g:plainルージュラ

  1. 【50】冷凍ビーム/サイコキネシス/悪魔のキッス/リフレクター@奇跡の実
  2. 【55】冷凍ビーム/凍える風/メロメロ/身代わり@食べ残し
  3. 【55】吹雪/サイコキネシス/寝言/眠る@解けない氷

初代のトップアイドル。ナッシーやパルシェンが強いからと言ってルージュラが強いということには決してならないのですが、個性的な動きができるため、残しています。

No.125 エレブー(電気)

f:id:Gold:20180123232840g:plainエレブー

  1. 【55】雷/冷凍パンチ/クロスチョップ/ヨガのポーズ@奇跡の実
  2. 【55】10万ボルト/クロスチョップ/寝言/眠る@ピントレンズ
  3. 【55】10万ボルト/冷凍パンチ/メロメロ/身代わり@食べ残し
  4. 【55】捨て身タックル/爆裂パンチ/電磁砲/嫌な音@食べ残し

クリスタルで出世したクロスチョッパー。

No.128 ケンタロス(ノーマル)

f:id:Gold:20180122233720g:plainケンタロス

  1. 【55】捨て身タックル/地震/角ドリル/身代わり@奇跡の実
  2. 【55】捨て身タックル/地震/大文字/破壊光線@破壊の遺伝子
  3. 【55】捨て身タックル/角ドリル/寝言/眠る@水玉リボン

『ケンタロスはいつの時代も最強です。』…その発言の真実とは…?栄光を築いた初代との比較はずばり必要であろう。第二世代限定アイテムである破壊の遺伝子についても触れられる。

No.131 ラプラス(水/氷)

f:id:Gold:20180123225507g:plainラプラス

  1. 【55】冷凍ビーム/電磁砲/怪しい光/身代わり@食べ残し
  2. 【55】ハイドロポンプ/角ドリル/寝言/眠る@ピントレンズ

低レベルで強い水・氷がパルシェンなのであれば、やはり、ラプラスは高レベルで強い水・氷ということになるだろうか。初代も高レベルがスタンダード採用になってきたことを踏まえた上でそれと比較する。初代50パルシェンや50ナッシー、50カビゴンののしかかりを身代わりが耐えるため、自爆展開に(対面で)強め。

f:id:Gold:20180123002541g:plain

(比較考察:シャワーズ)

No.135 サンダース(電気)

f:id:Gold:20180123233451g:plainサンダース

  1. 【50】10万ボルト/電磁波/甘える/眠る@薄荷の実
  2. 【50】10万ボルト/日本晴れ/寝言/眠る@光の粉
  3. 【55】雷/噛み付く/メロメロ/身代わり@食べ残し
  4. 【55】10万ボルト/威張る/身代わり@食べ残し
  5. 【55】雷/甘える/寝言/眠る@磁石

40匹の選抜ポケモンに収めるか迷ったが、メロメロ&身代わり→噛み付くの初歩的な嵌め展開を組めたり、ケンタロスにそれなりに強かったり…。なんだかんだでGB世代にサンダース有ということで入れた。

No.139 オムスター(岩/水)

f:id:Gold:20180123234938g:plainオムスター

  1. 【50】波乗り/冷凍ビーム/殻にこもる/眠る@薄荷の実
  2. 【55】角ドリル/冷凍ビーム/黒い霧/眠る@奇跡の実
  3. 【55】ハイドロポンプ/冷凍ビーム/寝言/眠る@神秘の雫

角ドリル対策となる影分身の対策として黒い霧が使える化け物。②の技構成は角ドリルがメイン。ハイドロポンプがあれば、黄金の実装備の50道連れムウマを2発で沈められるが、同じS55族で眠り粉の厄介なナッシーに先制して高速処理でき、なおかつケンタロスの実代わりを壊せる火力がある冷凍ビームで十分とした。

No.143 カビゴン(ノーマル)

f:id:Gold:20180106232913g:plainカビゴン

  1. 【50】のしかかり/地震/自爆/眠る@薄荷の実
  2. 【50】のしかかり/爆裂パンチ/寝言/眠る@光の粉
  3. 【55】捨て身タックル/鈍い/寝言/眠る@食べ残し
  4. 【55】捨て身タックル/地震/電磁砲/眠る@食べ残し
  5. 【55】恩返し/地震/腹太鼓/身代わり/食べ残し

第二世代の対戦環境の中心。2頁で収まるか怪しかったのでこちらで担当させてもらった。

No.145 サンダー(電気/飛行)

f:id:Gold:20180111234212g:plainサンダー

  1. 【50】雷/ドリル嘴/寝言/眠る@磁石
  2. 【50】10万ボルト/ドリル嘴/電磁波/眠る@奇跡の実
  3. 【55】雷/めざ氷/威張る/身代わり@食べ残し
  4. 【55】雷/10万ボルト/寝言/眠る@磁石
  5. 【55】10万ボルト/めざ氷/吹き飛ばし/眠る@奇跡の実

GB世代以外のどの世代においても一定以上の活躍を見せる伝説ポケモン。①の低レベルは目覚めるパワー氷で使ってもあまり強いと思えなくなったため、ナッシーに対する圧力が増すドリル嘴。55サンダーの雷は50カビゴンをちょうど3発、55ミルタンクを2発で倒せるため、どちらかというと50カビゴン軸と戦ってこそ強いのだが、50カビゴンに関しては雷外して自爆被弾して負けがあまりにも怖すぎるので身代わりが選択肢として加わる方が雷は良いと思っている。③の技構成は身代わりが採用できないが、磁石雷急所からの磁石10万ボルトで50カビゴンを安全に処理することができる。50ナッシー程度なら磁石雷で3発で倒せる。

No.146 ファイヤー(炎/飛行)

f:id:Gold:20180113091427g:plainファイヤー

  1. 【50】大文字/日本晴れ/寝言/眠る@ピントレンズ
  2. 【55】大文字/めざめるパワー草/日本晴れ/寝言@麻痺治しの実
  3. 【55】大文字/日本晴れ/高速移動/身代わり@光の粉

低レベルの日本晴れ大文字眠る寝言はカビゴンに背中もむけず、第二世代の独自仕様にもしっかりと触れられている(寝言で眠るが繰り出せる日本晴れの持続ターンを上書きできる)。③の技構成はアナハイマー様のもの。今まで②で55カビゴン軸を倒すものと考えていたが、カビゴンの寝言でそれは絶望的となり、今となっては50カビゴン軸を潰した方が刺さる。マルマインの光の壁大爆発やナッシーのリフレクター大爆発でファイヤーの身代わり残せるのようにして高速移動→日本晴れで吹き飛ばしも10万ボルトもないサンダーを絶望の淵に叩き落すことができる。

No.149 カイリュー(ドラゴン/飛行)

f:id:Gold:20180123005215g:plainカイリュー

  1. 【55】捨て身タックル/爆裂パンチ/雷/吹雪@奇跡の実
  2. 【55】角ドリル/空を飛ぶ/寝言/眠る@不思議な木の実

選抜入りさせるか凄まじく迷ったが角ドリラーなので残した。空を飛ぶは寝言の対象外となる技で寝ている間も眠ると角ドリルのどちらかを繰り出せる。一撃必殺技を覚えるポケモンは軒並格闘弱点が多く、追い討ちを覚えたヘルガーやブラッキーと格闘弱点が被らず、寧ろ強い。ただし、相手に身代わりがあると詰んでしまう。

f:id:Gold:20180607013522g:plain

(比較考察:ギャラドス)

No.195 ヌオー(水/地面)

f:id:Gold:20180123225444g:plainヌオー

  1. 【55】地震/冷凍ビーム/爆裂パンチ/砂嵐@食べ残し

イノムー(氷/地面)と比較した上で砂嵐が使えることについては触れておきたい(※第三世代以降と違ってイノムーが砂嵐を覚えない)。

f:id:Gold:20180415011027g:plain

(比較考察:イノムー)

No.197 ブラッキー(悪) 

f:id:Gold:20180107012308g:plainブラッキー

  1. 【50】甘える/黒い眼差し/バトンタッチ/眠る@薄荷の実
  2. 【50】追い討ち/毒毒/甘える/眠る@薄荷の実
  3. 【50】毒毒/甘える/寝言/眠る@光の粉
  4. 【55】アイアンテール/嫌な音/怪しい光/身代わり@食べ残し

現行世代にはできない黒い眼差し→バトンタッチが使える。

No.200 ムウマ(ゴースト)

f:id:Gold:20180107013724g:plainムウマ

  1. 【50】電磁砲/黒い眼差し/滅びの歌/道連れ@黄金の実
  2. 【50】黒い眼差し/滅びの歌/守る/眠る@薄荷の実

パルシェンが加入し、一撃必殺技のクッションにもなるため、次回も人気であろう。役割理論のパーティ構築文化を根付かせたポケモン。

No.208 ハガネール(鋼/地面)

f:id:Gold:20180112005932g:plainハガネール

  1. 【50】地割れ/毒毒/吠える/大爆発@先制の爪
  2. 【50】地震/めざ虫/嫌な音/大爆発@薄荷の実
  3. 【55】地割れ/岩雪崩/寝言/眠る@硬い石

持ち前の耐性と地割れ、大爆発、吠えるが強い。毒毒と電磁波が効かないのも偉い。

f:id:Gold:20180107041235g:plain

(比較考察:ニドキング)

No.212 ハッサム(虫/鋼)

f:id:Gold:20180123233522g:plainハッサム

  1. 【50】めざ虫/剣の舞/光の壁/バトンタッチ@黄金の実
  2. 【55】捨て身タックル/めざ格/剣の舞/身代わり@食べ残し

公式大会でも有名なバトンタッチするマン。めざ虫採用で眠り粉ナッシーでコンボが止まらないのは評価できるところである。エースで採用すれば、パルシェンにも先制可能。

f:id:Gold:20180107134629g:plain

(比較考察:フォレトス)

No.214 ヘラクロス(虫/格闘)

f:id:Gold:20180123220840g:plainヘラクロス

  1. 【55】メガホーン/めざ格/堪える/起死回生@黒帯
  2. 【55】メガホーン/地震/寝言/眠る@銀の粉
  3. 【55】メガホーン/地震/めざ岩/鈍い@食べ残し
  4. 【55】メガホーン/めざ格/泥棒/眠る@破壊の遺伝子

公式大会でも有名な逆転君。気合の鉢巻→起死回生が強かっただけで堪える→起死回生が強いわけではないことには触れています。まともな格闘技(瓦割りやインファイト)、岩技(岩雪崩やストーンエッジ)がないことにも触れておく必要がある。また、自分よりも先制できるミルタンクにはどうやっても勝てないので、対面は諦めてミルタンクの受け出しできないレベルまで持っていける上の構成か精一杯であると思われる。めざ飛が死滅した今、50カビゴン軸より55カビゴン軸のガラガラにでも受け出しするのが良いのではないかと思われる。あと、55ガラガラ&ドーブルなど。

No.227 エアームド(鋼/飛行)

f:id:Gold:20180123224806g:plainエアームド

  1. 【50】ドリル嘴/吹き飛ばし/鈍い/眠る@薄荷の実
  2. 【50】ドリル嘴/毒毒/泥棒/吹き飛ばし@黄金の実
  3. 【50】ドリル嘴/吹き飛ばし/毒毒/守る@食べ残し

撒きびしやステルスロックがないこと、羽休めがないこと、ゴツゴツメットがないなど、現行世代と比較する。KPが0になることもありますが、特定の選出では

 

f:id:Gold:20180123234510g:plain

(比較考察:プテラ)

No.229 ヘルガー(悪/炎)

f:id:Gold:20180123225314g:plainヘルガー

  1. 【50】大文字/噛み砕く/追い討ち/吠える@薄荷の実
  2. 【55】大文字/噛み砕く/寝言/眠る@木炭

レベル55の木炭装備で55ファイヤーの大文字(=55サンダーの雷)と同じ火力になる。個人的には日本晴れで自ら火力を3/2倍底上げして場に居座りながら戦闘するよりも噛み砕くの特殊防御力ダウン(1回で2/3倍)を利用して攻撃範囲を広げながら打ち逃げする方がヘルガーにはあっているのではないかと感じる。

No.233 ポリゴン2 (ノーマル)

f:id:Gold:20180123223737g:plainポリゴン2

  1. 【55】捨て身タックル/電磁波/鈍い/自己再生@奇跡の実
  2. 【55】捨て身タックル/テクスチャー2/鈍い/自己再生@奇跡の実
  3. 【55】雷/めざ虫/テクスチャー/自己再生@磁石

S60を低レベルで採用するメリットがナッシーに先制するしかないのでレベルは55まであげたいところ。①は電磁砲ではないミルタンクに明確に勝て、鈍いを持たなくなったバンギラスも圧殺できる。②は一応、型バレしてなければ、相手のカビゴンなどのノーマル技に対してテクスチャー2を2回試行できる(ゴースト/岩/鋼の三択)ことに気が付いたので再掲。③はネタ。50パルシェンに先制できるSラインとそれをワンキルできる火力とC105とテクスチャーと自己再生を全部活かしたらこうなった。

No.235 ドーブル(ノーマル)

f:id:Gold:20180106232719g:plainドーブル

  1. 【50】キノコの胞子/アンコール/高速移動/バトンタッチ@奇跡の実
  2. 【50】プレゼント/キノコの胞子/痛み分け/身代わり@奇跡の実
  3. 【55】ハサミギロチン/ロックオン/アンコール/キノコの胞子@奇跡の実
  4. 【55】プレゼント/電磁波/宿木の種/身代わり@食べ残し

気合の襷なんてなくても1発耐える猶予があることについて触れ、どの火力の技を受けてはいけないかに触れる。

No.241 ミルタンク(ノーマル)

f:id:Gold:20180107014920g:plainミルタンク

  1. 【50】影分身/丸くなる/転がる/ミルク飲み@光の粉
  2. 【55】恩返し/爆裂パンチ/鈍い/ミルク飲み@ピンクのリボン

丸くなる転がるについては必ず触れる。

No.242 ハピナス(ノーマル)

f:id:Gold:20180123224911g:plainハピナス

  1. 【50】雷/冷凍ビーム/癒しの鈴/卵産み@先制の爪
  2. 【55】地球投げ/電磁波/メロメロ/身代わり@食べ残し

プレゼントの件もあるので一応残しておく。

No.243 ライコウ(電気)

f:id:Gold:20180109010142g:plainライコウ

  1. 【51】10万ボルト/日本晴れ/寝言/眠る@光の粉
  2. 【55】雷/めざ氷/寝言/眠る@磁石
  3. 【55】10万ボルト/めざ氷/吠える/眠る@食べ残し

第三世代以降のライコウとの比較。サンダースとの比較。

No.244 エンテイ(炎)

f:id:Gold:20180122233537g:plainエンテイ

  1. 【55】大文字/めざ格/ソーラービーム/日本晴れ@奇跡の実

バクフーンと迷ったが合計種族値の同じリザードンが加入して同じダメージ計算結果載せるのも面白くなかったのでエンテイをメインに持ってきた。対サンダーとミルタンクの性能もこちらの方が耐久面で若干高い。

f:id:Gold:20180113001012g:plain

(比較考察:バクフーン)

No.245 スイクン(水)

f:id:Gold:20180107161829g:plainスイクン

  1. 【50】波乗り/冷凍ビーム/寝言/眠る@解けない氷
  2. 【50】波乗り/毒毒/吠える/守る@食べ残し

バンギラスを詰ませられることについて触れることと、第三世代以降のスイクンと比較する。

f:id:Gold:20180326222538g:plainf:id:Gold:20180601223413g:plainf:id:Gold:20180607013252g:plain

(比較考察:フリーザー/ニョロトノ/キングドラ)

No.248 バンギラス(岩/悪)

f:id:Gold:20180107155224g:plainバンギラス

  1. 【55】岩雪崩/爆裂パンチ/寝言/眠る@ピントレンズ
  2. 【55】岩雪崩/爆裂パンチ/噛み砕く/嫌な音@奇跡の実
  3. 【55】岩雪崩/爆裂パンチ/大文字/メロメロ@奇跡の実
  4. 【55】爆裂パンチ/噛み砕く/冷凍ビーム/砂嵐@食べ残し

第四世代以降のバンギラスと比較する。

*1:一撃必殺技禁止のローカルルール前提では考えない