読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きんのいれば

ポケモンGB世代の老兵によるメモ入れ場。


第3回ヒストリア杯参加者募集中!

「ぽけもん*あんだ_ぐらうんど」とのコラボ企画であるバーチャルコンソール版「ポケットモンスター」の対戦オフ『ヒストリアカップ』の第三回大会が2017年5月14日(日)に都内で開催決定!「ニンテンドウカップ'97」生誕20周年の最終結論をともに示しましょう!参加概要・申請はトップ記事参照。

グレンジムリーダー構築の軌跡

ジムレンタルシリーズの構築制作をはじめたのは遡ること10年以上前、ジム戦が終わった2002年後半ぐらいから。自分が「ジムリーダーの城」のジム戦に挑戦し始めた頃は既に2代目のマサユキさんにリーダーが代わっており、あまりBOYTOPさんの現役時代と言うのは知らなかった(←後にHidakaさんのログ100選の企画段階で知る)。


2003年頃、当時お休みしていた「セキエイジム」のしゃわさんに代わって「間接的役割破壊」の記事を「POKeMON Battle Victoryroad」で発信した頃、しゃわさんが「間接的役割破壊」の代表例として挙げて頂いた55ファイヤー&大爆発のゴローニャに
あとはガチガチの受けで固めたライコウ、エアームド、ナッシー、ハピナス…と言ったパーティに希望を感じて使っていたのですが、なかなか実際の対戦で勝てなかった。
2003年度のグレンジムリーダーパーティ

…それは何故かと言えば、ファイヤーは既に日本晴れがある状態ではじめてカビゴンに勝てるのであり、スイクンをゴローニャの大爆発で吹っ飛ばしても、ファイヤーとカビゴンの1対1からでは勝てないから。リフレクターでも残していない限り、カビゴンと対峙してから日本晴れを使ったのでは負けてしまう(※ただし、50カビゴンに関しては55ファイヤーの天候補正なしの大文字確定3発で倒せる)。

…である時、ガチガチの受けで固めることをやめた。それはダメ元で2001年のBOYTOPさんのジムリーダー時代のパーティを試したときだった。その時、試したパーティは2013年の2月に第二弾のログ100選でも公開されたでもパーティである。面子は55ファイヤー、55バクフーン、50ブラッキー、50ヘラクロス、50ナッシー、50カビゴン。

おいおい…、いくら2001年とは言えど、
カビゴン受けもいないじゃんか(^^;

…と受け信者だった当時の自分は失礼ながら思いつつも、ジムリーダー全員が認めるほどの実力の持ち主であるHidakaさんがジムリーダー達とのスパーリングで特に愛用していた他のジムリーダーのパーティだったようで、騙された気持ちでデフォルトで使ってみたら、あるヒントが見つかった。

それは一般にカビゴン受けと呼ばれるポケモンにカビゴン対策を一任してはいけないことだ。具体的にはエアームド、フォレトス、ゴローニャ、サイドン、ゲンガー、ムウマなどである。こういったポケモンは水ポケモンに対して弱いので炎属性のポケモンと弱点が被ってしまう。特殊受けがハピナスのようなやつでも毒を入れられたり、まきびしを撒かれるだけで分が悪くなる。

そもそも炎ポケモンが受けの役割をほとんど持てないのに受けで勝負したところで勝ち目はない。…だったら徹底的に短期戦で決めるのがいい。カビゴンを交代で受けれないのならカビゴンとすべて戦えるようにすればいい。マサユキさんが「ファイヤーについて。他」で言っていた本当の意味にここで気がつく。マサユキさんも全部がカビゴンと戦えるわけではないけど、対カビゴンのときはカビゴンと戦えるポケモンですべて固めていた。ファイヤー、カイリキー、カビゴンとかですね。(←私も実際のグレンジム戦でこの組み合わせと当たりました)

眠り粉ナッシーで強引に眠らせてファイヤーの出番を作り、自爆技で大文字のPP不足をも補えるBOYTOPさんのパーティは…55カビゴンのパーティ50スターミー(50ガラガラ)と50サンダーの2000ルールのトップクラスの3匹の組み合わせに対して、
どうやっても古い受けの理論では出番のなさそうに見えるファイヤーを見事活躍させられる組み合わせを2001年の時点で実は既に完成させていたのだ。これには度肝を抜かされた。これに私が気がついたのが2005年ごろ。
 55カビゴン・50スターミー・50サンダーとの対戦ログ
 55カビゴン・50スイクン・50サンダーとの対戦ログ
 55カビゴン・50カイリキー・50ナッシーとの対戦ログ


55 ファイヤー 眠る 日本晴れ 大文字 目覚めるパワー草 奇跡の実
50 ナッシー 眠り粉 大爆発 ??? サイコキネシス 黄金の実
50 カビゴン 自爆 地震 のしかかり ??? 薄荷の実or食べ残し

この3匹こそBOYTOP氏考案のファイヤー基本セットである。???以外の技と持ち物の変更はあまり歓迎されない。これらを除くと55カビゴンエースに勝てなくなる。ファイヤーとリザードンはタイプが同じで仕事を共有し易く、攻撃範囲が違って相性が良さそうだが、ファイヤーは特定のポケモンで止まるのに対し、リザードンは全抜きを可能とするポケモンのようなので、ファイヤーの枠をサポート役に回してリザードンを立てることに特化した方が良いのではないかと思う。

その他の取り巻き編

BOYTOPさんのデフォルトのパーティのままでは、55サンダーにかなり弱かったのでブラッキーをライコウに変更したが、りちゃあどさんがブログで公開されていたファイヤーパーティの甘えるサンダースに変更した。サンダースはライコウと違って水属性のポケモンの攻撃を交代で受けれないので私も敬遠していたが、そもそもファイヤーとそれ以外の取り巻きのポケモンに水弱点を被せなければ、水受けを意識するのはファイヤーを下げる時のみである。つまり、交代読みで出されでもしない限り、日本晴れが残せるからダメージが抑えられる。

しかし、対カビゴンの場合はサンダースを使うよりも、ナッシーカビゴンを使う方が勝ちやすいので、
対サンダー及び特殊ポケモン用に別の特殊受けポケモンを用意してもいいかもしれない。
 ナッシーとカビゴンを使わずにカビゴンエースと戦った対戦ログ

ただ、バンギラスとの対戦においてサンダースの甘える毒々でバンギラスを眠らせるのがとても良い。相手を眠らせてファイヤーで目覚めるパワー草急所待ちをするきっかけを与えられる。
 55バンギラス・50スターミー・50エアームドとの対戦ログ(起死回生ヘラクロスver)
 55バンギラス・50カビゴン・50エアームドとの対戦ログ(寝言地震メガホーンver.)


ヘラクロスはグレンジムで多分一番優秀なバンギラス対策じゃないかと思う。スイクンでは味方の日本晴れの影響でバンギラスへの波乗りのダメージも半減し、冷凍ビームで氷漬けに期待することもできないので相性は良くないだろう。ヘラクロスではあまりにも不安な人はマサユキさんのようにカイリキーを使うと良いだろうが、やはり、バンギラス&スターミーのような組み合わせに刺せるのはヘラクロスだけだった。一度は2009年度版で完成した。

環境の推移と技構成・取り巻きの変更

ファイヤーの天敵と呼ばれるものが登場するにあたり技構成及び取り巻きの変更を行っている。

身代わりスターミー
ナッシーの技構成がサイコキネシスとギガドレインなので眠り粉が機能せずに負けてしまう。
そのため、ナッシーのギガドレインを泥棒や目覚めるパワー草や虫などに2011年度版 より変更した。また、 2012年度版に55身代わり悪夢スターミーが登場したため、50サンダースをマルマインに変更している。

寝言カビゴン
ナッシーの眠り粉をキーとしており、大文字のPPに不安があるファイヤーではかなり苦戦する。2011年には低レベルでも寝言カビゴンが増えたため、それらの対策としてノーマル受けの必要が迫られた。 2011年度版より水ポケモンに隙を見せない10万ボルトゲンガーを入れており、 2012年度版では食べ残しを持たせたハガネールがこの役回りを担当する。

影分身転がるミルタンク
ファイヤーで先制できず、影分身で大文字をかわされ続けると?でもないことになってしまう。ゲンガーで道連れにするか、カビゴンやゴローニャなどでカウンターする以外に対策がない。

大文字バンギラス
ヘラクロスで受けれなくなりました。…かといってスイクン入れるのは違うと思います。カイリキーも良いかなと思っていますが、最近では起死回生へラクロスを使っています。相手の砂嵐を利用しましょう。ただし、初心者にはお勧めできない。

個別解説

ファイヤー
技構成に関してはマサユキさんの「ファイヤーについて。他」を参照のこと。寝言は運ゲーなので眠ってる最中ではカビゴンとの戦いが不安定になる。状態異常をもらうと眠らなければいけないのが寝言の厳しいところだ。奇跡の実なら対電磁波50サンダーとのタイマン性能が上がるのがうれしい。前述の通りだが、対55カビゴンでは薄荷の実よりは麻痺治しの実の方が良いと思っている。意外と眠らないようで対50スイクンなどになると眠るが必要になることがあるため、麻痺治しの実よりはやはり奇跡の実の方が良いだろう。

ナッシー
眠り粉と大爆発はファイヤーに出番を与えるために絶対に外せない。また、ファイヤーでやや不安な格闘とゲンガー対策としてサイコキネシスも外せない。持ち物は黄金の実推奨。55サンダーのめざ氷や50ゲンガーの炎のパンチをほぼ2発耐えるようになる。黄金の実を持たせておくと回復できないナッシーでも眠り粉を繰り出す機会が増えたり、大爆発で確実に共倒れにするためにサイコキネシスを1発あてると言ったことができる。残りの技はガラガラやスターミー、バンギラスになめられないようにギガドレインにしていたが、ガラガラはめざ虫持ってる場合を考えて、初手は眠り粉から攻めることが多いだろうし、55バンギラスとの対戦の場合はそもそもサンダース&ヘラクロスが加入してから使ってない。55スターミーはギガドレインのダメージ(回復量)によって勝負が決まる。先制される分、やや不利か…。ただ、大爆発で1発で倒してファイヤーに出番を与えられるし、持ち物によっては眠り粉が刺さる。だから、別の技に変更してもよいかもしれない。

このナッシーは身代わりスターミーに弱いので泥棒を入れるのもいい。
…と言っても51レベルのスターミーの身代わりを2/3以上の確率で倒せるだけで、それ以上の身代わりスターミーの対策にはならないので正直かなりピンポイントな対策である。
55身代わりスターミーの登場で意味がありません。めざ草はHPが下がるので対55サンダーや50ゲンガーとの黄金の実回復と相性が悪い。なら…めざ悪???んー…保留で(笑)

カビゴン
カビゴンスターミーサンダーなどに対してカビゴンに自爆を当てやすい鈍い自爆のしかかりタイプ。圧し掛かりの麻痺はマサユキさんのテキストにもあるとおりとても相性が良い。55スターミーの身代わりも破壊できるし、麻痺が入ればファイヤーにお得。厄介な甘えるニドクインとかにも麻痺が入ると嬉しい。もともと眠る持ちで薄荷の実回復だったのですが、サンダースに薄荷の実をとられたので食べ残し持ちに(サンダースを入れる前はライコウが食べ残しを持ってました)。体力回復技の眠るを消して、バンギラスやハガネールや有効な地震を入れた。…があんまり使ってないなぁ…(^^;

(追記)
地震を大文字で使用してる人がちらほらいたのですが、エアームドはファイヤーの起点にできるのでわざわざカビゴンで使わなくても良いのでは?…と思っていたのですが、ファイヤーに依存しなくて良くなるのがいいところみたいです。特に取り巻きにヘラクロスやナッシーが入るパーティになると持っていて損のない技です。ただ、個人的にハガネールとフォレトスはどうでも良いので電磁砲をオススメします。特にここ最近スイクンが復権したことやライパルナッシーに強く立ち回れます。電磁砲で麻痺が狙えるとのしかかりは八つ当たりに変更してもOKです。
のしかかりと違って55カビゴンの身代わりが破壊できるのが良いです。

サンダース
高レベルサンダー受け。もともとはライコウだった。甘える毒で相手を眠らせてファイヤーに出番をつくる。…が地面には何もできないのが、たまにキズ。

最近の55サンダーパーティはガラガラやカビゴン、ナッシーを連れているので、実際サンダースを出せないことが多い。それでもやっぱり電気枠は必要で水に対して交換強制力を持ってないと弱いと感じる。…けど、よく考えてみたらガラガラとかカビゴンとかニドクインとかファイヤーに対して相手をしづらいポケモンを読んで自分の首を絞めてる気がしないでもない。ファイヤーのカモになるイノムーを誘えるから入れてたわけなんですが、そう考えるとBOYTOPさんの甘えるブラッキー組ませるのはありなのかもしれない。使うなら眠る甘える毒追い打ちあたりか…
(追記)
現在は55スターミー&ライコウ&フーディンに先制できるマルマインを使っています。ファイヤーより素早いポケモンからの身代わりは恐怖なので電磁波マルマインも必須です。リフレクターと光の壁はカビゴンに鈍いを持たせない限り、それほど重要ではないと思います。爆発してファイヤーの大文字の攻撃回数を減らしたいのでハガネールに強いめざ炎も良いと思います。

ヘラクロス
バンギラス受け。もともとはカイリキーやスターミーだったが、カビゴンスターミーに強いのが大きい。また、ファイヤーとヘラクロスの攻撃を両方とも受けられるポケモンは寝言ギャラドスやプテラぐらいになる。ファイヤー受けの水orハピナス、ヘラクロス受けの飛行を誘い出すと毒サンダースやカビゴンで攻めやすくなる。エアームドやフォレトス、ヘラクロスが釣れれば、ファイヤーにも出番を与えられる。技構成はカビゴンに舐められないようにカウンターや起死回生などが入っている。これはHidakaさんの使っていた技構成をそのまま採用した。

(追記)
最近、トキワジムレンタルでヘラクロス入りファイヤーと対戦した時に苦戦したので、なんだかんだいってグレンジムのパーティでヘラクロスは重要なキャラクターだと思う。大文字バンギラス流行ったけど、起死回生でなんとかしてください。ファイヤーの取り巻きはガラガラエースなんかに近いかもしれないですね。取り巻きのすべてが水とカビゴンに戦えるみたいな感じで。

ノーマル受け

ゲンガー
使うとしたら10万ボルト黒い眼差し滅びの歌道連れ。守る滅びムウマやミルタンク対策になって水に隙を見せない。

ハガネール
使うとしたら地震のしかかり嫌な音大爆発食べ残し。ライコウやサンダーに強くなる。ゴローニャと違って水に居座って爆発できる時がある。

ゴローニャ
使うとしたら地震鈍い大文字大爆発食べ残し?未知数。カウンターも覚えられるけど技枠が足りない予感。


以上がこれまでの研究の推移。

おまけ:雨乞いエースについて

日本晴れファイヤーでそこそこ戦えたから雨乞いエースも組めるだろうと思って昔ハナダで試したことがあるが無謀だった。ファイヤーと異なり、オムスターシャワーズでは火力も落ちるし、スイクンに先制できないのでまず突破できない。スターミーもファイヤーと違って低レベルサンダーも1対1で倒せないのでナッシーや自爆カビゴンとも相性が悪い。相手の水技の威力も上がり、また雷も100%命中になるので低レベルカビゴンで受けるの厳しすぎる。ライコウやハピナスを入れれば、相手のカビゴンにとても弱くなる。だから困る(泣

まぁ、紅蓮のキラパとしては凄いんですが(笑)

gold.hatenadiary.jp
gold.hatenadiary.jp
gold.hatenadiary.jp